« やった~!!! | トップページ | きた~!! »

2009年3月27日 (金)

余韻に浸る。。。

さて。。。

まだまだWBC余韻に浸る幸せな日々は続いておりますが

26日の読売新聞に

「WBCから見る日韓」

という記事が載っていました

韓国の専門家 小倉紀蔵先生の書いた記事です

小倉先生は以前NHKのハングル講座の講師なども務めていて、歴代ハングル講座では最もわかりやすく楽しい講座であったことを思い出します

小倉先生の話に思わず大きくうなずいてしまいました

以下抜粋です

残念な事に、大会中、インターネットの中では日韓両国とも、相手を侮辱し憎悪する言葉が見られた。 ~中略~ 国際大会に愛国心はつきものだが、国威発揚のための手段としたり、排他的なナショナリズムのはけ口として利用するのは、野球という神聖なスポーツへの冒瀆である。

米国チームに勝利したあと、米国野球への尊敬の念をきちんと語った原監督はその点充分に紳士的であり、立派だった。前回大会の王監督とともに、日本では野球というスポーツが人間の精神性を育てる役割を果たしているということを世界中に見せたこともよかった。サムライは強いだけでなく、謙虚で気高い心を持つのである。

野球という競技を通して、自分と相手の双方のすばらしさを認め、互いに尊敬する関係をつくるという手本を、これからも日本が見せてくれることを希う。そしてその土台の上に、切磋琢磨する日韓関係を築くことを目指すのだ。その重要な通過点として、WBCは本当にいろいろなことを教えてくれた。

小倉先生はまた

米国発祥のbaseball 日本の野球 韓国のヤグ と表現していました

3つは異なり、どれがよりよい野球という問題ではない。

我々は今の時代3つ野球を同時に楽しむ事ができる幸せモノなのだと。。。

韓国野球は日本の野球を徹底的に研究し、発展してきた。

日本も今回の大会を見て、韓国から学ぶ点が多いことを感じたはずだ

お互いを尊敬しつつ、互いの違いを認め、これからも野球とヤグでアジアの野球をもっともっと高めていっていただきたいものだ

(  ̄^ ̄)ゞラジャ

.

.

え~

簡単にまとめると。。。

マウンドに旗を立てるのはやめましょう。。。。

ということです。。

|∀・)

.

.

.

.

.

|

« やった~!!! | トップページ | きた~!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/28823409

この記事へのトラックバック一覧です: 余韻に浸る。。。:

« やった~!!! | トップページ | きた~!! »