« いざ岡山へ! | トップページ | イケーチ 悲願のタイトル奪取!! »

2009年11月17日 (火)

D;REX in 岡山モトレヴォリューション

Dscn6240 D-World Moto News

D;REXモンスター 日本制覇へTRY

11月15日 オカヤマインターナショナルサーキットにて開催された 

MOTO Revolution Rd

D;REXは、2人の日本人ライダーをここオカヤマへ送り込んだ

先週おこなわれたSUPER MAXクラスでイーストエリアでのACTチャンピオンを手にしたD;REXモンスター イケーチは、ACT日本制覇をかけてモトレヴォリューションRd.4にチャレンジすることになった

フリープラクティスでは天候に恵まれなかった日本人ライダーは、ドライセッションを30分走るにとどまったが、そのわずかな時間で前回自ら刻んだレコードタイムを上回るパフォーマンスを見せつけた

「エレファントパフォーマンスのフィーリングはグレイトだ! クオリファイが短いのでフリーセッションをもう少し走りたかったね わずかな仕事は残っているけど、スペクタクロな走りを約束するよ!」

予選前、日本人ライダーイケーチは軽やかに語る

迎えた公式予選

有言実行

わずかな時間でスーパーラップ 1分39秒827 を叩き出した

Img_2001

「路面温度が低く短い周回で難しいアタックになったが、40秒を切る事ができてハッピーだね。もう少し削っていきたかったがそれは次への楽しみへとっておくよ」

と日本人ライダーは振り返った

「もうD;REXオフィスに2ndトロフィーはいらないんだ。大きなトロフィーをオフィスにプレゼントする為にファイナルでは仕事をするよ。最高でゴールド、最低でもゴールドさ」

4クラス混走の中、総合でもトップに立った日本人ライダーは、ポールポジションよりスタートをする

.

一方、今回「Borg」よりオファーを受けオープンマイスタークラスにエントリーした、日本人ライダーヒロッシーノは

「今週初めてこのマシンをライドしたが、完成度の高さを感じるマシンだよ。セットアップを進める時間が足りてはいないけど、Borgスタッフのプロフェッショナルな仕事のおかげでとても安心して走る事ができているよ!」

マシンは、BorgオリジナルフレームにR-1エンジンを搭載したモンスターマシン

外装には、AMAスーパーバイクを駆け抜けた初代FZモデルを採用する

Dscn6229 少ない限られた時間の中で、ベストな仕事をした日本人ライダーヒロッシーノは、1分37秒714トップから0.2秒差でサードポジションをGETした

「もっと時間が欲しかったが、現状でできるベストな走りへトライするだけだ。ファンタスティックなレースにしたいね。」

Img_1892

お互いにフロントローに並ぶ事ができたD;REX日本人ライダー達は、決勝でもスペクタクロなパフォーマンスを見せつけた

.

(と言ったかどうか、定かではない)

続く。。。

|

« いざ岡山へ! | トップページ | イケーチ 悲願のタイトル奪取!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/32243083

この記事へのトラックバック一覧です: D;REX in 岡山モトレヴォリューション:

« いざ岡山へ! | トップページ | イケーチ 悲願のタイトル奪取!! »