« とよちゃん日本一! | トップページ | ヒロッシーノ 大冒険の始まり »

2010年4月 5日 (月)

レコードブレーカーたちの宴!!

Img_3478 D-World Moto News

コースレコード続出!!ヒロッシーノ レコードブレイクもポールならず

4月3日、ツクバインターナショナルレーシングコースにておこなわれた全日本ロードレース選手権ツクバラウンド予選

D;REX ヒロッシーノは予選A組で出走

2回おこなわれる予選の1回目

予選中盤 58秒634のコースレコードを叩き出し、暫定ポールをGETした

予選終了後、日本人ライダーの周りに多くのプレスが群がる

「レコードはハッピーだけど、僕の王冠は数十分の寿命になるよ。まだまだ始ったばかりだし、B組にはグッドなライダーが多いからね。」

「サスペンションをいくつかトライしたい。2回目も狙っていくよ」

余裕の笑みを浮かべたヒロッシーノはそう語り

次セッションへの自信を覗かせた

彼の予言どおり、B組1回目の予選では2人のライダーがヒロッシーノを上回るレコードタイムを叩きだした

午後におこなわれた2回目の予選

ヒロッシーノは早々リーダーボードのトップを点灯させ

4周目に自己ベストのレコードタイム58秒544をマーク

次々と更新されるレコードタイムに絶叫する場内アナウンスがツクバに響きわたった

ピットボックスでもざわめきがおこる中、日本人ライダーは精力的にプログラムをかさね予選のミッションを終えた

日本人ライダーヒロッシーノは、総合2位の結果を得 予選を終えた

「タイムは出てきたけれど、まだまだ改善点はあるよ。もっとスィートなマシンに仕上げたいんだ。サスペンションのベストを考える。サスペンション担当メカニックJPとこれから明日のベストマッチをチョイスするよ。調子はいいよ。明日はスペクタクロなレースを見せる事が出来そうだよ。がんばるよ」

ワンツーを40代のライダーが占領した激戦のST600クラス

エンジニアとヒロッシーノの戦いは続く。。。

.

.

(と言ったかどうか。。。定かではない。。)

|

« とよちゃん日本一! | トップページ | ヒロッシーノ 大冒険の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/34083862

この記事へのトラックバック一覧です: レコードブレーカーたちの宴!!:

« とよちゃん日本一! | トップページ | ヒロッシーノ 大冒険の始まり »