« イケーチ またあの車に敗れる!! | トップページ | 空冷イケーチ健闘! »

2010年9月29日 (水)

ヒロッシーノ 今度は不完全燃焼

Dscn0562

D-World Moto News

ヒロッシーノ 鬼退治できずノーポイント

オカヤマインターナショナルレーシングコースでおこなわれた、オールジャパンST600クラスに出場した日本人ライダーヒロッシーノは決勝レース痛恨の転倒  ノーポイントでオカヤマを終えた

事前練習に資金難の為参加できなかったチームD;REXは金曜日のフリーセッションからのスタートとなり、短い時間での仕事を余儀なくされた

そんな中、日本人ライダーは着実に仕事を重ね、セッションごとにタイムを削っていった

しかし、ライバルチームに比べ準備不足は明らかで予選セッションも27番手で終えた

「色々理解は出来てきた。今一番足りないのは周回することだね。2回目でもっと詰めたかったが、トラックコンディションが1回目よりグリップが足りなかった。明日のウォームアップでベストな方向性を見つけるためのアイデアがある。全力を尽くす。」

予選後日本人ライダーは我々に語った

迎えた決勝日

ヒロッシーノは前日語った通り、朝のウォームアップで前日のタイムを上回り、16番手でセッションを終え、ポイント圏内で戦えることを証明した

Img_2311

決勝レース ロケットロンを思わせるスタートを見せた日本人ライダーだったが多重クラッシュの発生により赤旗中断

レースは仕切り直しとなった

Dscn0556

2回目のスタート

少し遅れた日本人ライダーは、序盤に中盤グループに加わるべくデビルプッシュでコーナーを重ねたが、2周目バイパーコーナーでフロントからスリップダウン

オカヤマのレースを終えることになった

「不運だ。これは正しい方向ではない。。今日はグレートなレースをするためのリズムがあっただけに、全く気に入らない。フロントタイヤが一気に行ってしまった」

「今回もD;REXクルーはハードワークをこなしていてくれたから彼らの期待に答えたかったけど叶わなかった。次のモテギも事前テストが出来ていないけど、できることを全力でやるよ。」

レース後ヒロッシーノ談

「もう少し走る時間を作ってあげたかったね。ヒロッシーノはセッションごとにコースを理解できていたし、タイムも縮んでいたしね。形は見えていたのでポジティブにとらえるよ。モテギは去年いい走りができているので、チーム一丸となってファンタスティックなリザルトを目指すよ。」

チームディレクター イケーチ談

チームD;REXは次戦モテギが最終戦になる予定とのこと

日本人ライダーヒロッシーノのスペクタクロライブをモテギに体感しに行こう!!

.

.

(って言ったかどうか。。。言ってないよなぁ。。。)

|

« イケーチ またあの車に敗れる!! | トップページ | 空冷イケーチ健闘! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/36979971

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロッシーノ 今度は不完全燃焼:

« イケーチ またあの車に敗れる!! | トップページ | 空冷イケーチ健闘! »