« 東方鉄馬三国志 その1 | トップページ | 東方鉄馬三国志 その3 »

2012年11月 5日 (月)

東方鉄馬三国志 その2

Dscn8012


D-World Moto News

ヒロッシーノ フリープラクティスで

ハードクラッシュ!!

真の鉄馬王を決める大会となった

テイストオブツクバ 神楽月の陣

西の鉄馬 Borg FZを駆る日本人ライダー ヒロッシーノは

金曜日から精力的にフリープラクティスを走り込み

鉄馬覇王獲得への熱い意気込みを感じさせた

順調にセットアップを進めていた日本人ライダー

しかし、金曜日ファイナルプラクティスで悪夢はおこった

最終コーナーを立ち上がってきた日本人ライダーは

激しく暴れる鉄馬に振り落とされハードクラッシュ

マシンは伸身トカチェフひねり後方伸身宙返りで宙を舞い

レッドフラッグが掲示される程のハードクラッシュであったが

幸い日本人ライダーの怪我は軽傷であった

Dscn8006

金曜日の夕方から始まった修復作業であったが

聖地鈴鹿の職人にとってはレースウィークにおこりうる

想定内のアクシデントであった

自身へのアルコール補給も忘れずに

しっかりと注入した職人達は

マシンの修復を翌日午前中に仕上げて見せた

午後のフリープラクティスに姿を現した

Bprg FZを目の当たりにした多くのエントラントは

驚きを隠せず皆その眼を疑った




Dscn8018


Dscn8023_4

「アメイジングな仕事を見せてもらった。今日は走るのは困難だろうと思っていたがメカニック エンジニア達の神がかりなワークで今日も走ることができた。まだ転倒後の細かい問題は残っているが、深刻な問題ではない。スタッフの仕事に答えられるように明日はスペクタクロを約束するよ。」

土曜日のフリープラクティスを終えた日本人ライダーは

明日への意気込みを語った

続く。。。

|

« 東方鉄馬三国志 その1 | トップページ | 東方鉄馬三国志 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/47726808

この記事へのトラックバック一覧です: 東方鉄馬三国志 その2:

« 東方鉄馬三国志 その1 | トップページ | 東方鉄馬三国志 その3 »