« アクシデント in オカヤマ!! | トップページ | 岡山回顧録。。。 »

2013年10月 2日 (水)

岡山決勝 ポイントをGET!

Dsc_0027

D-World Moto News

ヒロッシーノ 2戦連続ポイントをGET!!

レッドシグナルが消え 24番グリットから

ロケットロンのようなスタートを切れなかった

日本人ライダーは後方からの追い上げレースとなった

オープニングラップを29位で通過したヒロッシーノ

ベテランらしい冷静な走りで オーバーテイクを繰り返し

中盤 22位までポジションを回復してみせる

Dsc_0004_1

後半 上位を走るライダーのペースが落ち始め頃

日本人ライダーのデビルプッシュが始まった

周回ごとに前を走るライダーとのギャップを縮め

日本人ライダーは、オーディエンスの興奮をあおり立てた

Dsc_0136

日本人ライダーの走りをモニター越しに見守るD;REXクルー

ファイナルラップ

フィニッシュラインに現れた日本人ライダーは

前走者にわずかコンマ7秒追いつかず

20位でレースを終えた

Dsc_0138

「クラッチがナーバスな我々のトライアンフは

スタートでのアドバンテージを作ることが出来なかった

ハードにプッシュをトライし続けたけど 序盤の

遅れは大きかったね  後半いくつかの問題が起きて

あれ以上のハードプッシュは困難な状況だった

走り切れたことはチームにとって 多くのデータを

残すことが出来たのでグレイトなリザルトだ

まだまだ困難は多いけど スポンサー D;REXクルー

ファンの皆さんに感謝したい 鈴鹿ではパワーアップした

スペクタクロが見せられるように仕事をするよ!」

レース後 明るい表情で日本人ライダーは語った

Dsc_0154

チーフエンジニア TTタカ

「今回持ち込んだいくつかのパーツは パフォーマンスの向上

は見せましたが まだ多くの改良が必要なようです。

方向性は前回より明確に見えてきました

鈴鹿まであまり時間はありませんが

ハードワークで仕上げていきたいと思います」

冷静で低いピュアな口調で語った

Dsc_0169

2013年 2レースを終えた D:REX DAYTONA675R

試行錯誤の開発は続く

次回鈴鹿での D:REXトリプルファイターの更なる

進化に期待したい


Dsc_0150

と 言っていたかどうかは定かではない。。。

|

« アクシデント in オカヤマ!! | トップページ | 岡山回顧録。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/53457302

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山決勝 ポイントをGET!:

« アクシデント in オカヤマ!! | トップページ | 岡山回顧録。。。 »