« テイスト 神楽月の陣 その2 | トップページ | 2013 テイスト 回顧録  »

2013年11月13日 (水)

テイスト 神楽月の陣 その3

Rei_2042


D-World Moto News

ヒロッシーノ 史上最年長の王者に!!

ロケットロンを思わせる素晴らしいスタートを見せた

ユーシン・コーイチーがホールショットを奪い

序盤のレースをリード

後方の日本人ライダーとのアドバンテージを広げていき

レースを逃げ切ってしまうかの様な勢いに

15万のオーディエンスは騒然 総立ち状態となった

このトップ争いに加わりたかったナベタイチョーであったが

トップ3が恐れていた男 オートボーイ マサヒロに

先行を許し トップ争いになかなか加わることができない

レース後 ナベタイチョーは

「マサヒロに先行を許したのはオラのミステイクだ。

あんにゃろうのおかげで、タイヤのライフは終わっち

まったよ。あきらめずに追いかけたんだけど 

時すでに遅かった。。」

伏兵マサヒロについて語った

先行逃げ切りをはかる ユウシン・コーイチーと

日本人ライダーのギャップはなかなか縮まらない

日本人ライダーのスイッチが入ったのは3周目

この周回 先行するカワサキライダーとのギャップを

一気に詰め、コントロールラインに現れた瞬間

アナウンスの絶叫がトラックに響いた

「ヒロッシーノ コースレコードだー!!

58秒209!! 

すごいペースの追い上げだ~!!」

ハイペースで追い上げる日本人ライダーは 

5周目1コーナー ユウシンコーイチーを

オーバーテイク このレース初めて首位に立った

Rei_2048

しかし 交わされたカワサキライダーも必死に食い下がり

ピタリと背後でオーバーテイクのチャンスをうかがい

デビルプッシュで日本人ライダーにプレッシャーを

掛け続ける 

8回目の1コーナー なんとアウトから

最年長チャンピオンを阻止すべく見事オーバーテイク

15万のオーディエンスは総立ちトランス状態に陥り

ツクバのトラックは異様な雰囲気に包まれた

Rei_2063

必死に逃げる ユウシンコーイチー

追う日本人ライダー

残り2周 レースは動いた バックストレートで距離を

縮めたヒロッシーノは 満を持して カワサキライダーの

インヘ飛び込んだ

「残り2周 Borgがインに入った~

ヒロッシーノが再びトップだ~!!」

必死に逃げる日本人ライダーは 12周のレースの

チェッカーを見事トップでくぐり抜け

史上最年長王者を獲得した

Rei_2112

Rei_2091

「予想通りハードでタフなレースになった。

コーイチーは本当にストロングでタフな走りを見せていたね。

ナベタイチョーはオートボーイに捕まっていたようだね

僕が恐れていたことが、彼に襲い掛かったようだね

ライバルたちスペクタクロなライディングをみせている。

アドバンテージは全くないから 次はまた新しい

チャレンジをしないと このレースに勝つのは

難しいだろうね。」

12周を走り終えた史上最年長王者は15万の観衆の

前で、疲れた表情でさらに語った

「もしかしたら、少し遅すぎるかもしれない。

僕たちのファンの前で、テイスト歴史上のベストライダー

たちに入るナベタイチョー、ユーシン・コーイチーと闘った。」

「時間の無い中 ハードワークしてくれたBorgスタッフ

僕を支援してくれた全ての人に感謝したい。

最年長王者は夢の実現だ!

これ以上何と言っていいのか分からない。最高な気分だ」

Rei_2222

このレース トリプルファイター ヒロッシーノは

ポールポジション コースレコード

そしてファイナル優勝 の3冠を達成

Borg FZにコンストラクターズチャンピオンを

プレゼントをした

日本最大のサンデーレース テイストオブツクバ

神楽月の陣 が終わり 2013年のレースシーズンも

幕を閉じた

2014年 新たなステージに向け

男たちの闘いはすでに始まっている。。。。

と言っていたかどうか定かではないですよ。。。)

|

« テイスト 神楽月の陣 その2 | トップページ | 2013 テイスト 回顧録  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/53913342

この記事へのトラックバック一覧です: テイスト 神楽月の陣 その3:

« テイスト 神楽月の陣 その2 | トップページ | 2013 テイスト 回顧録  »