« 汚れた浩史 その1 | トップページ | 汚れた浩史 完結編 »

2014年7月29日 (火)

汚れた浩史 その2

58167_659435937457498_3382844849276

D-World Moto News

鈴鹿の魔物は見逃さない!!

「汚れた英雄」の再現が。。。

日本人ライダーからバトンをうけて

最初のスティントが大雨となった岡田選手

MASSA茂木氏からのアドバイスを活かし

水を得た魚と化した岡田選手は順調に 

雨の鈴鹿でラップを刻み トップをキープしたまま

MASSA茂木氏へ 62号車を受け渡した

すべてが上手く進み このままいけば

62号車ヤマハの優勝は確実と思われた

茂木氏のセカンドスティントも順調に終え

日本人ライダーに62号車ヤマハは託された

ドライコンディション

雨で路面温度の下がった鈴鹿で

日本人ライダーはスペクタクロプッシュを

見せつけた 

なんと 予選でMASSA茂木氏が叩き出したタイムを

上回る 2分15秒214(公式) のNEWレコードを

叩き出す

15万のオーディエンスはざわつき 伊武雅刀の

絶叫アナウンスが響き渡った

「エブリバディリッスン ヒロッシーノがやってくれたぜ

NEWレコード グレイトだぜぃ!!」

しかし ざわついたオーディエンスがその直後

104周目一瞬にして凍りつく出来事が起こる

再び伊武雅刀

 

「エヴリバディリッスン アン アクシデント

悲しいアクシデントが起こったぜ

62号車 ヒロッシーノ デグナーで転倒!!」

10561837_10152664009766320_10950535

オーディエンスから悲鳴があがった

しかし ここからが 62号車の本領発揮

15万のオーディエンスの脳裏に

あのシーンが浮かび上がった

(4分付近よりご覧ください)

「エヴリバディリッスン

フェニックスだったんだ!! 豊田浩史が帰ってきたぜ

あと2時間30分 GO!!」

マシンを起こした日本人ライダーは そのままコースへ

戻り 傷だらけのヤマハで鈴鹿のトラックを激走した

続く。。。

|

« 汚れた浩史 その1 | トップページ | 汚れた浩史 完結編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/56930851

この記事へのトラックバック一覧です: 汚れた浩史 その2:

« 汚れた浩史 その1 | トップページ | 汚れた浩史 完結編 »