« 全日本モトクロス オフビ!! | トップページ | トミージョン手術 »

2016年4月18日 (月)

全日本オフビ 終了

16jmxr02kk_001w

全日本モトクロス選手権 埼玉大会

IA2クラス #06 笠原氷河選手

予選総合18番手

ヒート1 18位 ヒート2 27位

ヒート1はスタートよく8~9番手辺りを走っていました

けれど接触転倒 その後順位を下げて再び転倒

2回の転倒で18位

ヒート2はスタート直後の多重クラッシュで転倒

後方からの追い上げで転倒 最後にエンジンが

止まってしまい結局27位

(ノω・、)

なかなか厳しい大会でしたが 得るものも多く

ルーキーにとっては良かったかなぁと思っています

この開幕2戦で感じた国際A級という世界で

何をしていかなければならないのか 感じて実践

して行ってもらえればと思っています

12994294_10208924229243914_91521176

12745987_904829619632559_4934833231

タカセ師匠は。。。

9位、10位の総合9位

鬼門のオフビを無事に走り切りました

いいんです オフビは、、、(u_u。)

次戦は得意の広島 弘楽園

巻き返しに期待です!!

(o・ω・)ノ))



今大会では 残念ながらIBクラスで死亡事故が発生して

しまいました レースというものにアクシデントは付き物

ですのである程度しょうがないのですが モトクロス場での

救護体制に自分は疑問を感じています

ロードレース出身の私ですが ロードレースでは転倒後

すぐに救急車が駆けつけて医務室に運んでくれます

医務室は会場によって差はありますが簡易的な手術

が出来たりもします ひどい場合は待機している救急車

ドクターヘリで病院へ搬送される体制が整っています

全日本のモトクロス会場では 救急車は待機しておらず

緊急の際一般の事故が起きた場合と同じように

救急車を呼びます コースから医務室への搬送も

時間がかかり 重体者が10数分も放置されていた

ような話も聞いたことがあります 

実際私が帯同していた田中選手のクラッシュ時にも

医務室搬送まで非常に時間がかかった記憶があります

ロードレースと同じ体制をとれとは言いませんが

もっとすぐに搬送、医師の処置が出来る体制を

主催者には整備してもらえればと感じています

今回お亡くなりになられたIBライダーへ

心よりご冥福をお祈り申し上げます  

合掌

|

« 全日本モトクロス オフビ!! | トップページ | トミージョン手術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71086/65038160

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本オフビ 終了:

« 全日本モトクロス オフビ!! | トップページ | トミージョン手術 »